こらから本格的なドローンで空撮をやり始める人へ 本格的な空撮のためには、まずは隙のない下準備としっかりとしたテーマ、イメージ、そして工夫を

ホビー用ではなく、本格的なドローンで空撮を行うには現在は気を付けなければならないことが多いです。

飛行禁止区域だけでなく、操縦者や被写体ではない建物とドローンの距離、肉眼での確認など、おそらくこれからドローンを購入し、本格的な空撮をしたいと考えている人のビジョンを叶えるには、ドローンを飛ばすための申請が必要不可欠でしょう。

申請の必要性、私有地の確認など、本格的なドローン空撮の第一歩はドローンを飛ばすための下準備から始まります。

 

また、この下準備にはもう1つの意味があり、それが空撮する場所や物の下見です。

申請して許可を貰い、いざ空撮して見たら、予想したのとまるで違うという経験がある人もいるのではないでしょうか。1度はその周囲を含めて時間をかけた下見を行い、しっかりと確認してください。申請して許可を貰うだけでもそれなりの日数がかかるのですから。また事故の予防のためにもそれは重要になります。

 

次に下準備を行ったらテーマやイメージをちゃんと決めた方が良い空撮になります。漠然と目的もなく空撮を始めて、ただ時間を無駄に費やすよりも、下見の記憶を元に「こういう風に撮ったら面白いのではないか」「ここからこういうアングルで撮ったらどんな映像になるだろうか」と想像し、紙に書きとめながらテーマとイメージを固めていった方が絶対に得です。

また日の出、日の入近くの時間の変化や季節、風の動き(強風時は危険ですので避けてください)などちょっとした工夫をすることで空撮に味を付け加えることもできます。

今は簡単に本格的なドローンを飛ばし、空撮できる時ではありません。だからこそ、1度の空撮を存分に楽しむために、前段階の時間にはしっかりと下準備を。

どうしても空撮を行ないたいけどドローンの操縦に不安な方は、ドローン空撮を専門に行っている業者に委託するという手もあります。

サイトを見ていてビジュアル面と価格の安さで良いと思った業者さんはこちら

ドローン空撮のDRONE FILM

ドローンが変えた空撮の新たな道

以前の空撮はヘリコプターに乗車してカメラを搭載するなどリスクがあったわけですが、現在は無人で身軽に撮影することができます。

これはドローンと呼ばれる画期的な機器が発明されたことに由来し、空撮の世界を根本から変える内容へ結びついています。

ラジコンを操作する感覚で操縦のコツさえ掴めれば、素晴らしい映像コンテンツを自社で製作することが可能になってきます。

ビジネスの幅を格段に広げることになったドローンは、動画と連動してユーザーの願いを叶えています。

無人で飛行物体を操作するには、現在は免許に相当する許可が必要です。空撮への理解と正しいマナーを事前に把握しておくことで、トラブルを回避させる事柄に役立ちます。

事故が万が一に発生してしまったときは、自動車保険に似た相手との交渉が求められます。

過去にいくつか事例が報告されているため、導入と同時に目を通すことが大事です。

現場で撮影しているところを見れば、いかにドローンが素晴らしい発明品であるかが理解できます。ドローンの空撮が便利であることを学べば、後は本格的な資金の調達が壁となります。

リーズナブルな価格で契約できるシステムが構築され、よりドローンが身近になっています。

一台購入することさえ難しい場合は、リースといった方法があるため、企業での使用頻度や規模によって上手に使い分けることが重要です。

リアルタイムで公開する動画を掲載すれば、企業のPRやイメージの上昇へつなげることも可能です。したがって、成長が期待されるドローンに触れてみることをオススメします。